<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お知らせ

遅くなりましたが、みなさま今年一年お疲れさまでした。

林足研究所の年内の営業は、本日迄でした。


2015年は、1月6日[火曜日]からの営業となります。



来年から導入する予定だった技術が、一昨日より導入されたのですが...みなさん期待してて下さいね!



2015年は、よりいっそう技術を磨き、今迄あまり出来なかった事もやろうと思っています。



年末、年始のご予約は、メールのみでの対応となります。gaihanboshi@mac.com 迄

HPの更新が出来ない為、ご希望の予約日時をいくつか教えて頂けると嬉しいです。




ご予約の空き状況は、コチラよりご確認下さい。




それでは、みなさま良いお年をお迎えくださいね。
[PR]
by gaihanboshi | 2014-12-26 19:51 | お知らせ | Comments(0)

水イボの治し方。[伝染性軟属腫][水いぼ]

水いぼを治す方法


先日5歳になった息子は、1年半近くある病に冒されていました。
その病名は、水イボ(伝染性軟属腫)(水いぼ)

始めは、お腹に、そしてお尻、太ももへと広がっていました。


病院へ行ったり、色々調べてみましたが、見た目の害以外は少ない為か、自然治癒的な事を書かれているお医者さんや病院関係者さんが多かったです。



ニキビみたいな物だと思っていた私は、嫁からほっておいたら治ると聞いていたので、気にしていませんでしたが、
病院の塗り薬では、いっこうに治らず、増えてくると心配になった嫁が、インターネットで1つ1つ潰しイソジンを塗ると効果があると調べ、実践するも、
潰されて痛くて泣き怒る息子を見るのがとてもかわいそうでした。






幸いにも林足研究所のお客様は、医療関係者の方が多く、なかでも薬剤師さんや、特殊な医療を研究をされている方等、ご相談に乗って頂けて嬉しかったです。



そんな暗中模索していました、水いぼを完治させる方法が分かりました。 答えは、亜鉛不足でした。


塗り薬ではなく、体内の免疫力を高め、治すと言う事です!


亜鉛[Zinc]は、人間に必要な必須ミネラルです。
昔から亜鉛が皮膚の傷を治したり、皮膚を正常に保つ働きがあることが実証されています。
骨の成長、味覚、爪、肌その他にも色々と…書ききれない程ですので、一度調べてみて下さいね。

しかし、日常生活で摂取するのは大変難しく、亜鉛が含まれている食べ物がとても少ない日本。


私は、以前より亜鉛のサプリを摂取していたので、子供にあうように細かくしたものを、息子に飲ませてみると翌々日には、水いぼがカサブタになっていたのです。
そして少しずつキレイなお肌になりました。(個人差があると思います。)
a0077134_1154307.jpg


亜鉛が不足している日本人。私も摂取し始めた頃は、いろいろな変化を実感できましたよ!
洗顔後の顔のハリや味覚等、ハッキリと分かる程ですので、大人も子供も、特に林足研究所のお客様には、必ず摂取して頂きたいですね!


と言う訳で、水いぼが100%治るかどうかは、分かりません。
たまたま息子だけに効果があっただけかもしれせんが、水いぼでお悩みの方にお薦めな亜鉛です。

適量を摂取し続ければ、害はなく、健康に良い事だらけなので本当にお薦めします!


ちなみに我が家では、私の使用している物と同じ物を子供にも購入し、日本のドラッグストア等で売られている物よりお得で、1錠に成分が多いので、
1/4に割ったものを、2~3日に一度飲ませています。



空腹時に摂取すると気分が悪くなったり、吐いたりするので、粉状にして食事に交ぜる等が良いと思います。

a0077134_11551761.jpg





さて明日で
[PR]
by gaihanboshi | 2014-12-25 19:37 | | Comments(0)

外反母趾の原因は、足の筋肉を使用しない事です。

a0077134_1505629.jpg


続きを書くのを忘れていました。


外反母趾の方は、正しく足の筋肉を使わない為、母趾内転筋と短母趾屈筋が縮まった状態で、
脂肪にこびりつかれ、親指の骨を足裏側に引っ張ります。
a0077134_10394324.jpg



親指の骨が足裏側に引っ張られた状態では、母指外転筋は、機能する事が出来ないと言う訳です。
a0077134_10394044.jpg

[PR]
by gaihanboshi | 2014-12-11 15:02 | 足&脚 | Comments(0)

肩の筋肉図。 肩こりの原因と、肩こりを治す方法。

筋肉の分かりやすい図が見たいと質問がございましたので、追記させて頂きます。


a0077134_9564669.jpg


上図の左上から、神経-血管-筋肉-筋肉-筋肉...........

と人間の体は、神経を守るように、筋肉が複数の層になっています。

そしてその筋肉と皮膚の間には、脂肪があると言う訳です。


皮膚を摘(つま)み、痛みが無く、皮膚だけ摘めれば正常です。

摘んで厚みがあれば、その部分の筋肉は、正しく動けていないと言う事になります。


肩を摘むと厚みがありませんか??
[PR]
by gaihanboshi | 2014-12-10 11:54 | | Comments(0)

息子。

本日10時にお電話頂いたお客様、留守にしていてすみませんでした。

予約が空いていたので、気になっていた歯医者へ。

レントゲンの結果、親知らず発見!

若くないから早く抜いた方が良いと言われてしまいました...


昨日は、長男の誕生日。
5歳になりました。

アイスケーキに大喜びでした。

a0077134_118343.jpg

[PR]
by gaihanboshi | 2014-12-04 13:53 | 休日 | Comments(0)

肩こりの原因と、肩こりを治す方法。

人間の体の大部分を占める[筋肉]

そんな筋肉ですが、運動すれば動くと思われていますが、大間違いです。


普段動けていない状態で、負荷を掛けたところで、何も起こりません。
逆に、脂肪が固くなってしまうだけです。


ストレッチをすると痛い時あるでしょ??  あれが筋肉にこびりついた脂肪が、剥がれようとしている痛みです。

なので正しく筋肉が動けている人は、ストレッチの時に、伸びる筋肉と縮まる筋肉が機能すると言う訳です。


林足研究所では、皮膚と脂肪と筋肉の層が、くっついて絡み付いた状態から、筋肉が動ける状態にする独自の施術を行っています。



そんな本日は、肩こりでお悩みのお客様を施術し、動けなくなった筋肉を動ける状態に。

a0077134_1312210.jpg





コリとは、筋肉に絡み付いた脂肪が固くなったもの。[図参照]

a0077134_13352790.jpg




脂肪が固い状態の肩を揉んであげると、一時的に柔らかくなった脂肪細胞の中を通っている血管が、圧迫から解放され血流が良くなるのですが、

ほんと〜〜に一時的な事なのです。



そんな肩こりの原因は、やっぱり足。

足が悪いと姿勢が悪くなり、頭が前へ倒れる事で胸の筋肉は縮まり、背中の筋肉が伸びた状態で、動いていないと言う訳です。

筋肉が動けないと脂肪を燃焼する熱が生まれません。 

なので体で部分的に細い所と太い所が出来てしまうのですね。




林足研究所では、肩こりや、背中やお腹の脂肪の厚み、腕の施術も承っております。





施術後の柔らかくなった状態を体験したい方、ご予約お待ちしております。


ご予約 空き状況は、コチラ




年末年始の営業時間のお知らせ。

年末は、2014年12月26日迄
年始は、2015年1月6日からになります。
[PR]
by gaihanboshi | 2014-12-04 13:53 | | Comments(0)