<   2014年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

正しい足の定義。

両足を揃えると、親指のつけ根、踝[くるぶし]、踵[かかと]、膝[ひざ]の4点がくっ付くのが、

正しい足の条件です!


踵[かかと]重心の扁平足なかたは、踵と親指を結ぶ筋肉が、伸びた状態で動いていません。
a0077134_17271357.jpg



外側重心の甲高な足のかたは、踵と親指を結ぶ筋肉が、縮まった状態で動いていません。
a0077134_17313472.jpg



みなさんの足は、どんな足でしょう?

足裏を見て下さい。
a0077134_17394618.jpg



軽く親指を反らしてみて、スジ[長母趾屈筋]が掴めるくらいでていればよい足ですよ!

a0077134_1740080.jpg




a0077134_17415214.jpg


a0077134_17413252.jpg



正しく筋肉が動ける足で、正しく筋肉に負荷を掛けて歩く事が、正しい足になる近道ですよ!




ご予約は、コチラ


明日30日は、打ち合わせの為お休みになります。

6月2日〜5日迄お休みになりますので、6日より通常営業となります。

[PR]
by gaihanboshi | 2014-05-29 17:44 | 甲高 | Comments(0)

左足重心。

左足重心のお客様。

整体やカイロプラクティック等で、骨盤の位置が違うと施術を受けていたそうですが治らないそうです。

それもそのはず、骨盤は、足と連動して動いているので、正常な足の方が、正しい歩き方をすれば、
骨盤は常に動いているものです。

なので、骨盤をいくら矯正しても、根本的な問題とはかけ離れています。

a0077134_1710057.jpg



正しく筋肉が動ける足に、そして正しい負荷を掛ける為のトレーニングを!



ご予約は、コチラより
[PR]
by gaihanboshi | 2014-05-29 17:16 | 甲高 | Comments(0)

脱皮。

自宅近くの小川で、子供がヘビの脱皮した皮を見つけたそうで、送られてきた写真がコチラ。

a0077134_16592845.jpg


冬眠から目覚め、全身の筋肉を使って獲物を食べまくり、体の成長と共に脱皮して行くんでしょうね。

でもでかいですね。 2mくらい?


みなさんの足裏も、脱皮していますか??

正しい努力は、足裏に現れますよ!
[PR]
by gaihanboshi | 2014-05-28 17:00 | その他 | Comments(0)

雨ですね〜

昨日は、万博公園にお買い物に行ってきました。
a0077134_17243771.jpg



子供がポケモン探しに夢中で、2時間くらい歩き、日にも焼けて、疲れてしまいましたが、
ポケモンの何が良いのか大人には、理解不能ですね。



そんな昨日と変わって本日は、雨ですが、
この時期に、自宅の近くでよく見かけるのは、カタツムリ君。

実は、害虫で菜園でもよく見かけ困っていますが、靭公園では、見かけませんね。
a0077134_15383382.jpg


靭公園は、薔薇が綺麗に咲いているようですが、
自宅近くでは、もう蛍が飛び出したそうで、梅雨が近くなってきたと言うお知らせですね。


林足研究所からのお知らせは、来週の月曜日から木曜日迄、お休みになります...休み過ぎですね[笑]
[PR]
by gaihanboshi | 2014-05-26 17:43 | 休日 | Comments(0)

足と脚の角質と脱皮

筋肉が動ける状態で筋肉が動けば、皮膚の層も動きます。

すると皮膚は、新しく生まれ変わる為に脱皮します。




a0077134_17571656.jpg



筋肉が動けない状態だと、皮膚の層は動けず、そして動けない脂肪の層も大きくなれば、皮膚は裂けます。

それが皮膚割れや妊婦さんだと妊娠線と言う訳です。



a0077134_1805557.jpg



正しい状態で、正しく脱皮出来る体に!



ご予約可能日は、コチラにて
[PR]
by gaihanboshi | 2014-05-20 18:03 | 足&脚 | Comments(0)

甲が高い足。両足を揃えても...

甲が高い足は、踵と親指を結ぶ直線が、短く縮んだ状態の足のことを言います。


扁平足とは、正反対の足ですね。


a0077134_12574071.jpg




足裏にある縮まった筋肉を、伸縮出来る状態にし、甲の筋肉も伸縮出来る状態にする事が
甲の高さを低くする唯一の方法です。
[PR]
by gaihanboshi | 2014-05-16 14:02 | 甲高 | Comments(0)

甲が低く平べったい足。それは扁平足。

扁平足でお悩みのお客様。


ヒモ靴を買うと、ヒモが余って仕方がないのだそうです。


足のかたちは、変化するものです。



a0077134_12125049.jpg



正しい負荷が、正しい位置に掛けられるように、そして正しい負荷が掛かると筋肉が動けるように、

そんな施術を行っています。


ご予約可能日は、コチラより
[PR]
by gaihanboshi | 2014-05-15 12:19 | 扁平足 | Comments(0)

左右の足の大きさが違う悩み。

左足だけ右足よりも幅が広く大きいと言うお客様。

ヒールを履く時に痛くなるそうです。

a0077134_15493595.jpg

[PR]
by gaihanboshi | 2014-05-14 15:50 | 足&脚 | Comments(0)

美脚コースや脚痩せコースは、ございません。

足のお問い合わで一番多い、脚痩せですが、

いま注目されていると言う「ふくらはぎを揉みましょう」という、揉むと言う事。
エステやリンパマッサージ等で行わている、筋肉をほぐすと言う事。
ヨガ等で行われているストレッチで筋肉を伸ばしたり縮めたりする事。

注:実際に触って固いのは、筋肉ではなく脂肪の固まり[セルライト]です。


そんな、揉んだりほぐしたり伸ばしたりする事は、本来 足の筋肉が正しく動けていれば、

指から足裏、そしてアキレス腱からふくらはぎへと、正しい負荷が掛かる事で、

筋肉の動きにより、日常生活で行われている事です。

正しい足で、ハイヒールを正しくはいている人の脚が、細くてかつ筋肉質でかっこいいのはその為です。


*日本人のほとんどの方が、指から足裏ではなく、指から脛[スネ]の外側へと間違った負荷を掛けておられます。[靴のカカトの外側が減ってしまいす。]




子供の頃から癖を付けてしまった足は、そう簡単には、正しくなりませんが、

正しく足の筋肉に負荷をかけると言う、正しい努力が必要です。



間違った努力は、一瞬は効果があるも知れませんが、新しい悪い癖が生まれてしまいます。



建物で言う、基礎が人間の場合、足です。

基礎が歪んでいる建物は、リフォームすれば見た目はキレイかもしれませんが、いずれ悪い所がでてきます。


正しい足こそ、美脚への近道と言う訳です。


本日は、X脚のお客様。 

宿題を頑張られております。 よい感じです!


a0077134_1051305.jpg

[PR]
by gaihanboshi | 2014-05-13 10:51 | 脚痩せ | Comments(0)

親指の付根の固くなった角質。正しい足裏のケアとは?

外反母趾でお悩みのみなさんは、必ず足裏の角質やタコや魚の目で悩まれていますね。



テーピングや中敷きで治ると思われている方は、一生悩まれると思います。




親指の爪の側面と、親指の付根の側面。    あと親指と人差し指の付根の下あたり。

この部分の固くて痛い角質も、足裏の筋肉が動ける状態にし、正しい負荷を掛けてあげると、

筋肉の伸縮と同様に皮膚も伸縮し、そして新しい角質に脱皮します。

a0077134_15161998.jpg



私は、テーピングや中敷が大嫌いなので、みなさんすぐに捨ててしまいましょう!


一時的な楽を選んではいけません。
[PR]
by gaihanboshi | 2014-05-12 15:26 | 外反母趾 | Comments(0)