<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

山登りでヘリコプターに

連休は、運動不足解消に自宅から歩いて登れる山に登ってきました。
a0077134_17061046.jpg
山頂になんと、ヘリコプターが!

a0077134_17061242.jpg
運良く乗せて頂けましたよ。
a0077134_17061529.jpg
a0077134_17061750.jpg
a0077134_17064335.jpg






[PR]
by gaihanboshi | 2014-03-24 17:07 | 休日 | Comments(0)

林足研究所の理論。

林足研究所に一番多い質問が、「どんな事をするのですか?」なのですが、
絵心なくてすみませんが、頑張って説明図を作ってみました。

林足研究所で行っている事ですが、下記図と説明[動けていない状態]を参照していただき、皮膚と脂肪と筋肉が一体化した状態を、
特殊な器具や道具で剥がしとる事をしています。

筋肉にこびりついた脂肪が剥がれ、筋肉に正しい負荷を掛けて頂ければ、筋肉の動きによる熱で、脂肪を燃焼し、
筋肉がほんのすこ〜しずつですが、成長してくれると言う訳です。



●筋肉が正常に動けていれば、皮膚ー脂肪ー筋肉ー神経ー骨 [医学的には、もう少し複雑です。]と言う具合で、それぞれの層が離れており、
筋肉の正しい伸縮により熱が発生し、脂肪細胞内の栄養分が消費され、その熱で温められた血液が全身を回り体温を上げ、皮膚も伸縮により
脱皮します。[垢ですね。]

正しい足であれば、歩く走ると言う動作で、足裏からアキレス腱、ふくらはぎに太もも.......と体重が掛かり、全身の筋肉が支え合う事で、脂肪を燃焼します。

筋肉の層が動ける状態であれば、伸びる筋肉が伸び、縮む筋肉が縮まる事を、みなさんは、体が柔らかいと言っています。
頑張ってヨガ等しなくても、日常で筋肉が動いていれば、脂肪を燃焼しやすい体で太れず、体が柔らかいと言う訳ですね。
a0077134_15192205.jpg







































こちらは、椎間板ヘルニアの説明図です。

筋肉が正しく動けていなければ、大きくなった脂肪細胞が、椎間板を圧迫し、椎間板が飛び出てしまうと言う訳です。

人間の場合は、腰をかばって歩けますが、犬の場合は、ソレが出来ない為、
下半身の神経が遮断されて歩けなくなってしまうと言う訳ですね。

顎関節症も同様に、顎の骨と頭蓋骨の接合部が圧迫され、動かそうとすると痛いと言う訳です。
a0077134_15233509.jpg

[PR]
by gaihanboshi | 2014-03-19 15:56 | | Comments(0)

体脂肪率を低くする方法は、

体脂肪率を低くする方法は、正しく筋肉が動ける状態にしてから、筋肉に負荷を掛ける事ですね。


一日3食+アルコールは、必ず太りますね...

只今ダイエット中の私でした。[笑]




a0077134_17141160.png
a0077134_17141463.png



[PR]
by gaihanboshi | 2014-03-05 17:32 | | Comments(0)

体調が、

暖かくなったり、寒くなったりで、体調を崩されている方が多いのではないでしょうか。

私はと言いますと、帰宅後に運動不足を解消すべく、円柱状の物で、遊んでおりますが、
ブログに書こうと名前を調べて見ると、ヨガポールと言う物だそうで、
記載されている使い方と、全然違う事に今気付きました。[笑]


最近、Facebookを始めました。とキャンペーンを行っていますが、以外にも
友人知人に知られるのが嫌だからと、キャンペーン以外でのご予約の方が,,,


と、キャンペーンも予定人数迄、残り2人となりました。
*イイネを押して、ご予約下さいね。



先日、打ち合わせに行かせて頂いた会社の壁に、為になるお言葉が


a0077134_14344141.jpg




みなさま実行ですよ!




[PR]
by gaihanboshi | 2014-03-04 15:03 | コネタ | Comments(0)