<< だんじり ベストボディジャパン 2016! >>

犬の椎間板ヘルニア 下半身麻痺の原因は、脂肪。



現在、一般的に人間の椎間板ヘルニアの施術では、手術を行わなくなっている状況で、
動物病院では、どんどん手術が行われています。


なんでなん????と思ってしまいますが、


これ程、高度な医療技術が発達した中、腰痛や椎間板ヘルニアの原因が80%以上分かっていないからなんですね。



そんな椎間板ヘルニアですが、林足研究所には、犬の椎間板ヘルニアのお客さんがお越しになられます。

*妻が妊娠中は、対応できなくて申し訳ありませんでした。



検査結果であーだこーだ言われますが、原因は、何かが神経を圧迫し麻痺させているという事なので、

林足研究所では、その原因は、脂肪であると考え、神経を圧迫している脂肪を無理やり燃焼させる施術と、

脂肪により動けなくなった筋肉を無理やり動ける状態にする施術を行っています。


ほとんどの犬達が、1度の施術で効果を実感していただいている状態です。


ミニチュアダックスフンド施術前
a0077134_10241126.jpg
ミニチュアダックスフンド施術後
a0077134_10241488.jpg
フレンチブルドッグ施術前
a0077134_10234689.jpg
フレンチブルドッグ施術後

a0077134_10234981.jpg
トイプードル施術前
a0077134_10233888.jpg
トイプードル施術後(飼い主さんを待っています。)
a0077134_10234154.jpg
ミニチュアダックスフンド施術前
a0077134_10232464.jpg
ミニチュアダックスフンド施術翌日1
a0077134_10233292.jpg
ミニチュアダックスフンド施術翌日2
a0077134_10232830.jpg













痛みに敏感で間違った施術をすると瞬時に噛み付いてくる犬の施術のおかげで、技術が向上しております。

人間の施術がメインですので、頚椎、腰椎の椎間板ヘルニア、慢性的な腰痛でお悩みの方からのご予約お待ちしております。








[PR]
by gaihanboshi | 2016-09-30 10:34 | 犬椎間板ヘルニア | Comments(2)
Commented by プードルです at 2016-11-12 22:14 x
歩けない、排泄できない、尻尾も振れないところ、先生に施術していただいたその日に自力で排便してました!
今では走り回って飛び跳ねてます。
本当にありがとうございました。
Commented by gaihanboshi at 2016-11-14 11:50
お元気そうで何よりです!
<< だんじり ベストボディジャパン 2016! >>