<< 日本海 顎関節症と小顔矯正。 >>

足裏の踵[かかと]の角質。 フットケアは無意味です。

正しく歩くと言う事。

足の裏の筋肉が伸び、足の表の甲の筋肉が縮む

体を前に押し出す時には、逆に足の表の甲の筋肉が伸び、足の裏の筋肉が縮む

これらの動作の中で、あの筋肉が一番動いているのです。。

あの筋肉が何か知りたい方、ご予約お待ちしています。[笑]




本日は、踵[かかと]の分厚くなってしまった角質。

フットケア等で削ったり、削いだりされる方ががほとんどでしょうね。

カッチカチだった踵も
a0077134_12372148.jpg


脱皮の繰り返しで
a0077134_12365514.jpg




と言う訳なので、正しく歩けるようになると、何もしなくても皮膚の表面にある
古い角質はドンドン捲れ、新しい角質に生まれ変わってしまいます!

なので正しい足だと足の裏の皮膚は、ふにゃふにゃでやわらかぁ〜〜〜〜いんですよ!



お顔もですよ![宣伝]
[PR]
by gaihanboshi | 2012-08-01 12:41 | 足&脚 | Comments(0)
<< 日本海 顎関節症と小顔矯正。 >>